ヤフオクに学ぶ細かなユーザービリティの改良

久々にYahoo!オークションに出品してみた。ビックリするほど、相場まで価格が引き上がるこのヤフオクは手数料の5%を考えても他にはない魅力を感じてしまう。相場まで価格が上昇してくれるのだろうか?という心配は他のオークションサイトにはない特異点でしょう。

さて、EC-CUBEは元々自社でカスタマイズするというのが前提です。ヤフオクも細かなユーザービリティがちょこちょこと改良されており非常に使い勝手がいいものになっている。

何が言いたいかと言えば、この小さな事からやっていくという姿勢みたいなものの大切さを再認識したし、今後も必要な考えだと強く感じたからです。

例えば、このキャプチャのように、Yahoo!にログインしていると出品物が落札されるとYahoo!ホームの左にアラートアイコンが出現していて、これは便利だと感じました。

次に、落札者との連絡をやり取りする取引連絡。ここには最新のやり取りが1つだけリスト表示されるのだが、自分からの投稿でない落札者からの連絡の場合は「落」マークで落札者からの投稿ですよというのをアイコンで教えてくれる。

このような細かなブラッシュアップが通常のネットショップオーナーにも何かできないか小さな質問を繰り返していくことが有意義なネットショップ運営になるし、ユーザービリティの向上につながっていくのだろうと感じる。