昔はできたEC-CUBEカテゴリーURL短縮変更のパラメータが無い

以前のリダイレクトの説明だと現在のEC-CUBE 2.13.xには通用しない内容に多少なっています。

  • 個別URLパラメータあり
  • カテゴリーURLパラメータ無し!(昔はあった)

今回お伝えしたいのはパラメータにカテゴリーURLの「LIST_C_HTML欄」が無くなっているということです。なので無理に変更して歪みが生じるよりは放っておく方が良いかと思いました。 続きを読む

ブロック編集、新規ブロックを管理画面上で作っても内容が空になる原因

新規ブロック作成について

デザイン管理>ブロック編集

ブロック編集の新規ブロックを管理画面上で作ってもアップロードしたテンプレートにその.tplファイルが存在しないと、新しいテンプレートをアップして適用した場合、内容が消える。

テンプレート設定を変更しないのであれば問題ないが、テンプレート自体をどんどん新規アップロードしてカスタマイズしているので、管理画面から途中で新規ブロックを作成しても、テンプレート設定が変わればもちろん新しいテンプレートセットには存在しなく空になっているということ。

管理画面上でブロック自体は残っているので、そういった錯覚を覚える。

blocフォルダに.tplファイルを入れてアップしていけばいい。

また、.tplファイルを新たに追加してアップしても管理画面のブロックには、登場しないので、そこは管理画面から追加してやる必要がある。

手順

  1. ローカルでblocフォルダに.tplのブロックファイルを作成してアップ
  2. 管理画面で.tplファイル名を同じにしてブロックを新規追加

EC-CUBEテンプレートパッケージのアップロード

デザイン管理>テンプレート追加から、
テンプレートパッケージをアップロードできる。

  1. テンプレートコード
  2. テンプレート名
  3. テンプレートファイル ※ファイル形式は.tar/.tar.gzのみ

の3つがあって、テンプレートコードはアップロードした
テンプレートフォルダの名前になる。.tar圧縮テンプレファイルの
【ファイル名.tar】は何でもよくて、このアップロード時に
テンプレートコードに指定した文字列が反映される。
要半角英数であろう。

テンプレート名は管理画面内に出る文字列で管理で把握する用。
日本語でもだいじょうぶで、把握しやすいように。

ファイル形式は.tar/.tar.gzは、WindowsのLhaplusで簡単にできた。

当面はこの.tarにHTMLの.tplや画像・CSSをまとめて圧縮して
アップロードするというのに慣れなきゃです。